季節のコットンスキンケア

Vol.6 APR

春は出会いの季節!
キレイな素肌で憧れの的に 「キレイな素肌持ちさん」と「肌トラブル持ち」さんとでは、第一印象に雲泥の差が!!

春といえば、人と出会うイベントがめじろ押しの季節。つまり女性にとってこの時期の素肌がキレイかどうかは重大なこと。そこで4月7日(金)に「季節の変わり目に揺らがない肌作り」をテーマにレッスンを開催しました。

市ヶ谷にあるカフェにて

ゆらぎ肌の季節再来!

季節の変り目にも負けない肌作りレッスンを開催しました。

新年度が始まったばかりの平日夜にもかかわらず、美容への努力を惜しまない女性から、スキンケアの基本の基から一度きちんと美容のことを学んでみたい!という女性方にお集まりいただき、前半ではこの時期に起こしやすい肌トラブルについて、そして後半では揺らがない肌作りをするためにスキンケアの際に気をつけてほしい手の動き方や必要なスキンケアテクをレクチャーさせていただきました。

またレッスンでは、参加者の皆さまにどんなコスメを使っていて、どんなスキンケアをしてるのか、そして解決したい肌トラブルについて、事前にお答えいただき、当日の実技の時間に、一人一人お答えさせていただきました。

4月に起こしやすい肌トラブルのおさらい!

冬の乾燥によるカサカサ肌

肌はターンオーバーの28日間から考えると今の肌はおよそ1ヶ月前の肌環境が影響していると考えられています。そこで3月の始まりはまだまだ冬空だったので人によっては肌の内部が乾燥している可能生があります。

花粉によるかゆみ

3月から始まった花粉は4月になるとピークを迎えます。すでに一ヶ月ほど私たちの肌は花粉をいっぱい浴びているので普段からきちんとスキンケアをしている人としていない人の差が出てくる時期でもあります。特に肌のバリア機能が低下している人ほど花粉の影響を受けやすいでしょう。

気温上昇によるニキビ

春になってだんだん気温は上昇。冬とは違って、汗をかきやすくなります。肌の表面は皮表脂質と汗が混ざって天然のうるおいヴェールを作っているのですが、これからの季節はきちんと清潔にしておかないと却って肌の負担となる刺激物に!!その結果、皮脂詰まりを起こすなどしてニキビの原因にもなりえます。

紫外線による毛穴の黒ずみ

この時期は気温上昇による皮脂詰まりが起きやすいと前述しましたが、さらにこの時期は紫外線も強くなっていきます。その結果、紫外線の影響で毛穴につまった皮脂の酸化が考えられます。皮脂は酸化をすることで、黒ずんでしまうので、注意が必要です。

つまり

4月は肌トラブルの原因になりえる可能性がいっぱい!!

だから日々のスキンケアで油断すればゆらぎ肌へまっしぐらです!!

どのトラブルも嫌!揺らがないためにはどうしたら良いの?

そこで、レッスンでは

こんなことを学びました!

対策1

肌の奥からきちんとコットンパックでうるおい対策を!

対策2

野外にいる時間が長かった日は帰宅後すぐふきとりコットンでプレオフを!

対策2

よく汗をかいた日は肌表面の汚れをきちんとふきとりを!

対策2

しっかりこまめに日焼け止めを塗りなおすこと

後半では毎回好評いただいている実践型スキンケアを

みんなでデモンストレーションしました

コットンパックでうるおいを肌全体に届けるためのコツとは?

うるおいをしっかり肌に届けたいがために、長時間コットンパックをしすぎず、適度にハンドプレスで手の力を借りるのがオススメです。

皮脂よごれや汗をかいたときにふきとりで気をつけること

しっかり肌表面についた汚れを取るのは重要ですがその際に気をつけてほしいのは手の力。コットンを使えば力を入れなくても汚れを絡みとってくれるので、優しくふきとりましょう!

今回のレッスンでは、”乾燥”に悩んでいる方が多かった印象です。そのため「化粧品がどんどん増えていってしまう」または「化粧品の規定量以上を使ってしまう」なんてお悩みの声もありました。確かに肌のうるおいが不足していると思い、アレもコレもと様々な化粧品を与えたくなる気持ちは分かりますが、却って肌がもともと持つバリア機能を弱めてしまうこともあります。日中に肌表面についてしまった花粉やほこり、そして、余分な皮脂汚れなどをきちんと拭き取り、化粧水をたっぷり浸したコットンで肌が自分から手のひらに吸い付いてくるまで充分にうるおいを与えてみましょう。「それだけで?!」なんて思いがちですが、美肌の基本は”肌にとって必要なスキンケアを丁寧に毎日続けること”です。特にゆらぎ肌が多いこの時期は、負担の少ないシンプルなスキンケアで肌の底力を高めることを意識しましょう。

レッスン参加者の声

コットンでのふきとりをいつも強くやってしまいがちで、実際にどのくらい優しく拭きとればいいのかわからなかったですが、なでるようにふくだけで十分メイクがとれることがわかり勉強になりました。

コットンをつかって今後キレイ肌になろうと思いました。とても楽しいお話ありがとうございました♥

たくさん使えばいいのではなく、1つ1つを丁寧にやることの大切さがわかりました。よく美容カウンターだとこれだけじゃ足りないとダメだしされていましたが、化粧水を手に吸い付くようにパッティングしてみるだけでもちがいますし、パッティングのやり方1つをとっても簡単な手順をふむことの大切さがわかりました!

質問に丁寧に答えて下さって嬉しかったです。とても参考になりました。

言葉だけでなく実際に体験してみるのが一番!

あなたも#コットンスキンケアを学んでみませんか?

濱田文恵先生プロフィール 日中美容研究家

自身の人生を変えた「美容」に魅了され、今では内外問わずトータルで美容に関する専門資格を13種類取得。現在は美容業界に携わる中で感じた「女性は”ほんの小さなきっかけ”でどこまでも輝ける」という実体験から、女性が自分自身で綺麗になるためのセルフ美容レッスンを開催。

その他、各美容メディアにて連載記事の執筆やセミナー講師までマルチに活躍中。

 

【LINEオフィシャルブログ】http://lineblog.me/hamadafumie/

【公式ホームページ】http://linome.com

取得資格一例
  • LBM認定美浄化スキンアドバイザー
  • JPM認定コスメサロネーゼ®
  • 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ
  • 日本化粧品協会認定コスメプランナー
  • 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュインストラクター
  • 女性ホルモンバランスプランナー